不妊症の治療と解消法 A to Z (動画入り)



スポンサードリンク

不妊症の治療法・排卵誘発剤



不妊治療には排卵誘発剤が良く使用されますがそのほとんどはホルモンです。

排卵誘発剤を使用する目的にはふたつあって、ひとつは排卵する力が足りないときに、それを補うために使用します。

何らかの原因で卵が成長しなかったり、排卵が起きにくい、または起きないというときに、ホルモンの不足している部分を補るという目的で使用されます。

ふたつめとして、自然排卵はあるという場合、妊娠の確率を高めるために、複数の卵を排出させるために使用します。

ふつう卵は一回につき片方の卵巣からひとつだけでますが、排卵誘発剤によって、ひとつの卵巣から複数のの卵を排出させることができるので、受精のチャンスを増やすことができます。

排卵誘発剤の使用法としては、これには飲み薬と注射薬とありますが、いずれの場合もも少量からはじめていき、徐々に量を増やしていきます。

飲み薬であれば、一日一錠からはじめ、徐々に増やしていきますが、たとえば、二錠で排卵が起こったとすると、それ以上投与をする必要はありません。

排卵がうまくいくようになったら、その量を維持していくことになります。

注射のほうが副作用は大きいのですが、非常に質の良い成熟卵を作ることができます。
このふたつのタイプは併用されることもあります。

排卵誘発剤は不妊治療にとって効果的な薬ですが副作用がいくつかあって、ひとつには多胎妊娠が挙げられます。

これは一度に何個もの卵が排卵されたために起きるもので、ふつうは単胎で、単胎率は80パーセントといわれています。

ほかには卵巣過剰刺激症候群(OHSS)といって、排卵しにくい卵巣に対して排卵誘発剤を使ったときに、卵巣が過敏に反応しておなかが張ったり、卵巣が大きく腫れてしまうことがあります。

この現象は急激に起こるので、前もって予測することはできませんし、きわめてまれにですが、腹水や胸水がたまって、呼吸困難を起こしたりすることもあります。

こういう症状がおきたら早めに入院して尿量、血液の濃縮度等を細かく検査することで大事に至ることを予防することができます。

排卵誘発剤は不妊治療において大変貴重な薬であり、妊娠率も高くなります。
posted by huninn at 13:50 | 不妊症の治療法・排卵誘発剤

不妊症とはなにか?



不妊症とはなにかというと結婚した男女が赤ちゃんが欲しいなあと思って性生活も行っているのにもかかわらず2年以上赤ちゃんができないという状態のことです。

また「二人目不妊」といって一人産んだ後にもい1人あかちゃんが欲しいと思ってもなかなかできなくてよく調べてみたら不妊症だったというケースもあります。

一般的には1年以内に赤ちゃんができる確立が80%で2年以内に赤ちゃんができる確立が90%なので残りの10%が不妊症ということになりますね。

10%だから結構多くて100組中、10組は不妊症で悩んでいるということになるのでお悩みのかたは仲間が多いわけです。

早く赤ちゃんが欲しいと思う方は不妊症と診断されるまで待たずに検査だけでもしてもらったほうが問題が早期発見できるので早めに不妊治療を始められます。

早く赤ちゃんが欲しいと思うかたは赤ちゃんができないまま1年を経過したら検査を受けることをおすすめします。

不妊症は女性だけの問題ではなく男性にも原因がある場合もあるので、検査を受ける場合は女性だけでなく男性も一緒に夫婦二人で検査を受けるほうがいいでしょう。
posted by huninn at 10:50 | 不妊症とはなにか?
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。